未分類

【最新】与沢翼著「お金に愛される 真・投資術」の本のポイントまとめ

こんにちは。サイジです。

本記事では与沢翼著「お金に愛される 真・投資術」についてご紹介していきます。

読書で悩む人
読書で悩む人
与沢さんの投資術が知りたい。投資先の決めるまでにどんなことを重要視してるんだろう

コチラのように疑問に思われている方におススメです。

与沢 翼(よざわ つばさ)
投資家兼個人事業主。1982年11月11日、埼玉県秩父市生まれ。
ドバイ在住。私立武南高校を数日で中退後、旧大学入学資格検定に合格。早稲田大学社会科学部に入学。早大ビジネスプランコンテスト優勝。在学中に起業し、年商10億円→倒産・自己破産。再び起業し「秒速で1億稼ぐ男」としてメディアから注目を集めるが今度は税金滞納がきっかけで資金ショート。負債完済後、日本法人を解散。2014年シンガポールへ移住し、結婚。2016年ドバイへ移住。長男・麗(2016年)と長女・仁奈(2021年)を授かり、二児の父となる。株、FX、仮想通貨の研究が趣味。債券、保険の長期運用も行う。隊、マレーシア、フィリピン、アラブ首長国連邦の4ヵ国で長期ビザ(または永住権)を取得。計39戸の不動産を無借金で購入し、所有。海外に出てからの7年間余りで純資産は約80億円(時価)に到る。「お金に愛される 真・投資術」より

与沢翼さんツイッターyoutubeでも投資術や考え方について発信されていますが、本書はそれが凝縮された1冊になります。

「お金に愛される 真・投資術」は米国株が流行る世間とは違い、日本株を薦めていることなど、他の投資本とは一線を画す内容になっています。

これから投資を始めようとしている方は必見の1冊です。

本記事では「お金に愛される 真・投資術」を参考に与沢さん流投資術をダイジェストにご紹介します。

本書を読み込むことで与沢さんが徹底勉強して得た投資術の知識を手に入れることができるので、ぜひご購入ください。

「お金に愛される 真・投資術」のポイント

それでは与沢さんの「お金に愛される真・投資術」について解説していきます。

与沢さん流投資のポイント

ポイント①:日本人の優位性が発揮できるのは日本株
ポイント②:研究開発費に着目せよ
ポイント③:ブログやSNSの活用が資産増を加速させる

詳しく見ていきますね。

ポイント①:日本人の優位性が発揮できるのは日本株

理由は、日本人が日本語の優位性と英語の不利さを持ち合わせているからです。


個別株を買うとすれば開示資料の読み込みが必須です。
ネイティブ並みの英語レベルなら問題ありませんが、そうでなければ理解することが難しいのです。中高では習わなかった単語もふんだんに出てきますし。

さらに米国株は世界中の投資家が競争相手になるので、英語が不利な場合、対応力に差が生まれます。


一方で日本語は外国人の障壁になります。日本人が英語の読み込みのハードルが高いのと同じですね。

外国人にとっての日本語の理解はかなり難しいでしょう。
このポイントから日本人は日本語で勝負できる日本企業の株が優位性を持つことになります。

ポイント②:研究開発費に着目せよ

研究開発に費用を注ぎ込む企業は、新しい商品やサービスの開発に積極的なので、将来の成長の余地があります。

なので今後も利益を上げられる可能性があり、投資対象として魅力的になります。

ポイント③:ブログやSNSの活用が資産増を加速させる

ブログを書くことは論理的思考が磨かれて、投資精度を上げることができます。


最初は読者がいないかもしれません。ですが株を買った根拠を論理的に書いて腕を磨き続ければ読者は増えてきます。

やがてアドセンスやアフィリエイト収入が出てきたらそれを投資に回すことができ、資産を増やす速さを加速させられます。

日本企業の財務諸表を調べる方法

それでは日本企業の開示資料はどのようにすれば調べることができるのでしょうか。本章では二つの方法をご紹介します。

開示資料を閲覧できる2つの方法

①EDINETで調べる
②「〇〇(企業名 有価証券報告書)でググる」

①EDINETで調べる

EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork・エディネット)は、金融商品取引法上で開示用電子情報処理組織と呼ばれる、内閣府の使用するホストコンピューター・提出会社の使用するコンピューター・金融商品取引所(及び金融商品取引業協会)のコンピューターを結んだ、同法に基づく開示文書に関する電子情報開示システムである。
本システムは金融庁の所管であり、EDGARをモデルとして構築され、開示文書をウェブサイト上で閲覧できる。Wikipediaより

一言でいうと日本企業の財務諸表などが保管され、閲覧できるサイトですね。
リンクから飛ぶことができます。

ただ、個人的に使い勝手があまり良くないと感じるので②のググる方法をおすすめします。

②「〇〇(企業名) 有価証券報告書」でググる

「〇〇(企業名) 有価証券報告書」でググると企業のHPの投資家のページが出てきます。

企業のHPには10年分以上のデータが残っているところもあるのでオススメです。

今すぐ株式投資を始めよう

「お金に愛される 真・投資術」を気になっているあなたは、熱が高いうちに投資口座を作っておきましょう。

窓口とネットがありますが、断然ネット口座がオススメです。

理由は窓口の手数料が高く、ネットは手数料が安いからですね。

僕はマネックスSBI証券がオススメです。特に手数料が安いからです。

すぐにでも動き始めて、資産を増やしていきましょう!