未分類

たくさん読書することで頭の回転が速くなりました【引き出しが多くなる】

みなさんこんにちは。サイジです。1年間に100冊くらい本を読んでいます。さて本記事は読書することで頭の回転が速くなるという内容になっています。「読書の効果っていろいろあるけれど頭の回転が速くなるって本当?」こういう疑問に答えていきます。実際ぼくも大学生の時から読書習慣を身に付けたかなり遅咲きの方ですが、それでもしっかり恩恵を受けているので実体験をもとにお話ししていきます。

本日の流れは以下のようになっています。

1読書することで頭の回転が速くなる理由
2頭の回転が速くなる読書のしかた
3頭の回転を速くしたいときは2つのイメージを持っています
4すべて読書から仕入れた知識と自らの経験も合わせれば頭の回転はめちゃくちゃ速くなります

それでは本題に移っていきましょう。

1読書することで頭の回転が速くなる理由

読書することで頭の回転が速くなる理由を以下の3点にまとめました。実際ぼくの読書習慣のビフォーアフターを比べて出した理由になっています。

・1つの問題に対し複数の答えを知ることができる
・その答えを出していくと、「このタイプの人はこの答え」というように瞬時に判断できる
・読書することで考えることができる

それぞれみていきましょう。

・1つの問題に対し複数の答えを知ることができる

社会って1つの問題に対して複数の答えがあるんですよ。それは自分で見つけられるものがあればそうでないものもあります。後者を読書することで補うことができるんです。いろんな本を読めばその分答えも増えていきますので、その時その状況でベストな答えを瞬時に導くことができます。

・その答えを出していくと、「このタイプの人はこの答え」というように瞬時に判断できる

読書することは知識の獲得と考えることをしているのと同じです。後はそれを基礎に実際の仕事でアウトプットしていくことが重要です。行動しないと読書する意味がないですが、行動の源になるのは読書から得られる知識と思考力です。

・読書することで考えることができる

思考力は貴重です。改善改良もできるし、新しいものを創造することもできる。読書にはその思考力も鍛えることができるので自然と頭を動かします。

2頭の回転が速くなる読書のしかた

読書の仕方を工夫すればおのずと頭の回転が速くなります。その方法は以下の5点です。ただ漫然と読むだけでは効果が薄いのでご注意ください。目的は知識の習得と考えることです。この2つができるように読めれば頭の回転を速くすることができます。

・同じカテゴリーの本を複数読む
・再読する
・読書から得た知識をアウトプットする
・読んでいる最中に自分の状況にあてはめて考えてみる
・読書していて自分が一番ピンときたことだけを覚えればOK

それぞれみていきましょう。

・同じカテゴリーの本を複数読む

1つの問題に対して複数の答えを持ち合わせておくのが大事です。ぼくが痛感したことで、社会は1つの問題に対して答えが複数あるからです。それはその時その場所その状況によってかわるんですよね。なので同じカテゴリーの本を複数読むことで多くの答えのレパートリーを増やしていきましょう。

・再読する

あなたにとって良い本だったら再読することをオススメします。1回読んだだけではすべて身に付けられないのと、再読することで新たに気づくことがあるからです。お金もかからないですしオススメですよ。

・読書から得た知識をアウトプットする

ブログで何回も言ってますが、読書するだけでは意味がありません。読書から得た知識や考えを実際の仕事でアウトプットしてください。読書とアウトプットを組み合わせることで知識や思考があなたのものになります。

・読んでいる最中に自分の状況にあてはめて考えてみる

読んでいるときに「これだったらこういうときに使えるな」と漠然とでもいいので考えてみてください。ひとまず読むだけより、実際の状況に照らし合わせて読んだ方がすぐに知識を出しやすいんですよね。何も考えてなかったら「あれ、この知識どこにしまったっけ?」と頭の中で知識の引き出しを片っ端から開けて探さないといけません。

・読書していて自分が一番ピンときたことだけを覚えればOK

全ての知識を習得できるのはほぼ不可能です。すべて覚えようとしても「何を遣ったらいいのかわからない」ということになりかねないので、ピンときたこと1つだけで大丈夫です。

3頭の回転を速くしたいときは2つのイメージを持っています

ぼくは頭を回転させたいとき、超高速回転の歯車と引き出しのイメージをしています。このイメージすると回転をより速くできるような気がします。科学的なものでは全くないですけどね。歯車はハムスターが回している滑車に近いですかね。引き出しは、種類別に仕分けしているところから取り出すイメージですね。

4すべて読書から仕入れた知識と自らの経験も合わせれば頭の回転はめちゃくちゃ速くなります

読書感想文がなければ自分の経験しか動力がないので頭の回転を速くしたとしてもから限られた答えしか導けません。読書によってあらゆる知識と思考を手に入れておけば動力が何倍にもなり、ベストな答えを導き出すことができます。