読書

読書のモチベーションを高める方法【時間設定がカギ】

みなさんこんにちは。サイジです。さて本記事は読書のモチベーションを高める方法についてまとめました。「読書したいけれどなかなか続かない」、「本を買ったもののなかなか手が出せない」といったご経験はありませんか? 読書って波に乗るまでがすごく大変ですよね。今回は読書する気持ちのハードルを低くする方法とそのまま続けられる方法を書いています。ぼく自身、大学生まで読書習慣が全くなかったのですが、この方法で習慣づけられることに成功したので、ぜひお立ち読みください。

本日の流れは以下のようになっています。

1.読書のモチベーションを高める方法【時間設定がカギ】
2.読書する前にどんな本を選ぶかがモチベーションを保つうえで大前提
3.読書習慣をつけたいならやがては意欲に頼らないようになるのが大切
4.「読書したい!」という気持ちがあれば、読書習慣はつけられる

それでは本題に移っていきましょう。

1.読書のモチベーションを高める方法【時間設定がカギ】

読書のモチベーションを高められるコツは以下の7つです。

・短時間でもいいので毎日読む
・時間を決めて読む
・決めた時間を過ぎて読まないようにする
・設定した時間を余裕でクリアできるようになったら、もう少し増やしてみる
・時間通りに読み切ったあとは自分を褒める
・読んだページの分が徐々に分厚くなっていくことを楽しむ
・「自分に合わない本だったらあきらめてOK」くらいの軽い気持ちで読む

それぞれ見ていきましょう。

・短時間でもいいので毎日読む

「読書するぞ!」という気持ちが強いうちに継続的に取り組むことをオススメします。少しでも間が空いてしまうと、内容を忘れたり本を手に取る気お持ちが億劫になってしまったりします。万が一、本を手に取ることがなかなか進まなかったら行動を細分化してみてください。

まずは、本を持ってみるだけ→以前まで読んでいた箇所を開けるだけ→1行だけ読んでみる

ここまでくると「せっかくだからもう少しだけ読んでみようかな」という気持ちになることも多いですね。実際、ぼくがなかなか本を読む気持ちが傾かないころは上記のように行動を細分化していましたね。

・時間を決めて読む

短時間でもいいので時間設定をしてください。5分でも大丈夫です。「目で字を追う作業が無限に続く」と思ってしまうと気が重いままですよね。それなら制限時間を設定してそれをオーバーすると読まないといった方が終わりが見える分、気持ちも楽になりますよ。

・決めた時間を過ぎて読まないようにする

読書習慣が身についていないうちは、どんなに盛り上がるシーンでも時間が来たら読み終えることをオススメします。ドラマでも一番いいところで終わると「次が気になる」現象になり、よほどのことがない限りは次回も見るはずです。読書も同じで「早く次が読みたい」という気持ちにさせるんです。この気持ちの調整ができると自然に本に手を伸ばせ宇ようになります。

・設定した時間を余裕でクリアできるようになったら、もう少し増やしてみる

「設定した時間が全然物足りない」という状態になったら、もう少し時間を増やしてみましょう。このタイミングは自分が成長した瞬間なので割と嬉しいですよ。その頃にはわりと習慣づいていると思うので日常生活の中に普通に読書する時間を取れていることでしょう。

・時間通りに読み切ったあとは自分を褒める

設定した時間をしっかり読書に充てられたら、自分を褒めてください。読書しようにもなかなか手が出せなかったころから比べると、かなり成長しましたよね。この成長こそさらに読書モチベーションを刺激することになりますので、自分を認めて褒めてあげてください。

・読んだページの分が徐々に分厚くなっていくことを楽しむ

紙の本ならではの楽しみは、読んだページの量が徐々に増えてくることです。「こんなに読んだんだ」という気持ちは、読書したての頃はかなり嬉しいものですよ。

・「自分に合わない本だったらあきらめてOK」くらいの軽い気持ちで読む

万が一読んでいる本が難しくて自分の理解を超えるものだったら、無理して読まなくてもOKです。それで読書欲をそがれるなら、いったん放置して別の本を読むようにしましょう。難しい本は読書習慣が根付いたときに再チャレンジすれば問題ないです。

2.読書する前にどんな本を選ぶかがモチベーションを保つうえで大前提

上記は読書の最中のモチベーションを高める方法でしたが、これには本を正しく選ぶことが大前提としてあります。いくら方法が正しくても難しい本だったら挫折してしまう可能性が高いです。自分が楽しめそうな本を選ぶことで挫折を回避しましょう。

3.読書習慣をつけたいならやがては意欲に頼らないようになるのが大切

習慣をつけるまではモチベーションを高めるアプローチで読書するのが大事です。しかし習慣は毎日行うものなので、意欲に頼っていてはやがて読書しなくなります。なので歯磨きレベルで習慣づかせるまで続けていきましょう。

4.「読書したい!」という気持ちがあれば、読書習慣はつけられる

最後に、こちらの記事を読んでいただいている方は「読書したい!」という気持ちがおありですよね。その気持ちさえあれば必ず読書習慣をつけられます。そのためにはまず、モチベーションを刺激してやるのが重要なので、ぜひ実践してみてください。