投資

【米国株】ディズニーの株価と配当金・利回り、銘柄分析をした結果

こんにちは。サイジです。

本記事ではアメリカのウォルト・ディズニーの配当金・利回り・増配率と銘柄分析の結果を解説していきます。

悩む人
悩む人
ペプシコに投資したらどれくらいの配当がもらえるのかな? これからも株価は上がっていきそうかな? 財務系のデータをいろいろ見て考えたいな

こちらの疑問にお答えしていきます。※投資は自己責任でお願いします。

本記事の要約


①コロナショックにより株価は下落したが直近10年間の株価上昇率はS&P500を超えている
②配当は安定しているものの、高配当狙いの場合は魅力的に映りにくい
③(個人の意見)長年愛されるキャラクターを数多く持つディズニーは、今後も私たちに富をもたらしてくれる

ディズニーの株価・株価上昇率・時価総額

ディズニーの株価・株価上昇率

2020年はコロナの影響で株価が急落していますが、持ち直しつつあります。

30年以上の超長期で株価上昇率を見ると、ディズニーはS&P500より圧倒的な上昇をしています。
2012年からの10年間もディズニーの方が上昇率は高いですが、コロナショックの影響で直近の上昇率はS&P500の勢いに負けそうですね。

ディズニーの時価総額

2022年1月28日時点の時価総額は252,371,382千ドルです。株価の割安・割高を判断できるバフェット指標で計算すると約0.012となります。1を超えると暴落する可能性があるとされています。

バフェット指標の計算式

当該国の株式時価総額÷当該国の名目GDP×100

ディズニーの配当金・利回り・増配率

ここからはディズニーの配当金・利回り・増配率を詳しく見ていきます。

ディズニーの配当金・利回り

コロナショックの影響で2020年と2021年の配当は実施されていません。

ディズニーの増配率

増配率は高い数値とは言えません。高配当株狙いだったあなたは、株価は魅力的ですが対象外かもしれません。

ディズニーの事業内容・商品

ミッキーマウスをはじめ、全世代から愛されているキャラクターの国、ディズニー。投資価値としてはいかほどのものなのかを検証していきます。

ウォルト・ディズニーの事業5つ


①コンシューマ・プロダクツ:商品や出版ライセンス
②スタジオ・エンターテイメント:アニメや実写映画の製作、配給など
③パーク&リゾート:日本では東京ディズニーランドやディズニーシー
④インタラクティブ:PC、スマホ、家庭用ゲームに向けて製作、提供
⑤メディア・ネットワーク:放送事業

こちらもコロナの影響でパーク&リゾート事業が大打撃を受けました。
一方ディズニー+(プラス)という新しいサブスクリプションサービスにも力を入れています。

ウォルト・ディズニーの有名どころ


・マーベル
・ピクサー
・スターウォーズ
・ミッキーマウス
・ディズニーランド

長年愛されて、これからも愛されるであろうキャラクターを数多く保有しているのは強みですね。

ディズニーの財務諸表を用いた銘柄分析

僕の分析は主に「バフェットの財務諸表を読む力」に基づいています。
ウォーレンバフェット流の分析では、その企業に永続的競争優位性があるかどうかを見極め、投資の判断を行っていきます。

永続的競争優位性とは?

まず競争優位性とは、文字通りその企業が他の企業との競争に優位に立てている状態のことを言います。その状態が今後も続いていくだろう企業に対して「永続的競争優位性を持つ」と投資の神様、ウォーレン・バフェットは表現しています。

それでは損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書とパートを分けて財務諸表の分析結果を解説していきます。

ディズニーの損益計算書

まずは損益計算書から確認していきます。

粗利益率、純利益、純利益率の推移

コロナショックが響き、2020年の粗利益率、純利益は大幅下落しています。

粗利益率が40%を超えると何らかの永続的競争優位性を持つ可能性が高いです

2020年以外の9年間の純利益は右肩上がりで高い水準で推移しています。

純利益は右肩上がり、売上高に占める純利益の割合は20%以上だと永続的競争優位性を持つ可能性があります

粗利益に占める販管費、研究開発費、減価償却費の割合

永続的競争優位性を持つ企業は、販管費が一貫して低い傾向にあります

永続的競争優位性を持つ企業は粗利益に占める研究開発費、減価償却費の割合も低い。激しい競争に打ち勝つために新商品の開発や工場費にお金をかけ続ける必要がないからです。

販管費の割合が増えてるのは粗利益の減少と販管費の増大に伴うことが原因です。

営業利益に占める支払利息の割合

永続的競争優位性を持つ企業は営業利益に占める支払利息が15%以下の可能性が高くあります

2020年はシニアノートを発行したことで支払利息が増えています。

PER(一株当たり利益の推移)

PER(一株当たり利益)とは?

PER=当期純利益÷発行済み株式総数。PERが高いほど、株価も高くなる

永続的競争優位性を持つ企業は、10年間でのPERの推移が右肩上がりになる可能性が高い

コロナショックを除いては右肩上がりの推移ですね。
こういった不況への耐性は弱いですが、人々から愛されるキャラクターを持っていることは強みです。

P&Gの貸借対照表

続いて貸借対照表の項目に移ります。

現金・現金同等物、純利益、棚卸資産の推移比較

永続的競争優位性を持つ企業、優良ビジネスは、大量の借入金や株式発行、資産売却なしで本業で収益を上げた結果、大量の現金を保有できている可能性が高いです

現金保有が2020年に急増しているのは、シニアノートを発行したことが要因です。

永続的競争優位性を持つ企業は、純利益と棚卸資産が増加する傾向にあります。


総売上高に占める売掛金の割合

売掛金とは?

商品やサービスを後払いとして取引すること

総売上高に占める売掛金の割合が一貫して同業他社より低い場合、永続的競争優位性を持っている可能性があります。


ほぼ平均くらいなので、永続的競争優位性は持てていませんが、弱点にもなっていません。

土地および生産設備、のれん、無形資産の推移


競争優位性を持っていると、現在の設備を使い切るまで使用すればよいので経費が掛かりません。激しい競争にさらされている企業は、どんどん設備投資していく必要があり、莫大な経費が掛かります。


有形固定資産は横ばいで、むやみに設備投資しているわけではなさそうです。

用語解説

のれん代:ある企業を買収するとき、帳簿価額(買収される企業の純資産)よりも高い代金を払った場合、超過分がのれん代に載る
無形資産:特許やブランド名など、物理的に手に触れることのできない資産のこと

永続的競争優位性を持つ企業は、長期にわたり、のれん代が増加している可能性がある

ROA(総資産利益率)、ROE(株主資本利益率)の推移

※平均値は一企業が桁違いの数値のため、中央値を採用しました。

ROAとは?

総資産利益率。企業が効率的に資産を使用しているかを示す。

ROAは必ずしも高い方が良いとは限りません。

〈コカ・コーラは430億ドルの資産にたいして総資産利益率が12%、(中略)〈ムーディーズ〉は17億ドルの資産にたいして総資産利益率が43%である。(中略)たとえば〈コカ・コーラ〉に対抗すべく430億ドルを集めるのは不可能だが、〈ムーディーズ〉に対抗すべく17億ドル集めるのは、可能な範疇に入ってくる。(中略)〈ムーディーズ〉の根源的経済性は〈コカ・コーラ〉よりもはるかに脆弱と言える。なぜなら、業界への参入コストが著しく低いからだ。

「バフェットの財務諸表を読む力」より

ROA自体は業界中央値より高いです(2020年を除く)。
ディズニーの総資産は業界でも屈指の多さなので、地位を脅かされる可能性も少ないと考えられます。

※平均値は一企業が桁違いの数値のため、中央値を採用しました。

ROEとは?

自己資本利益率(株主資本利益率)。企業が内部留保を有効に使っているかを示す。平均よりも高ければ永続的競争優位性を持つ可能性がある。

2020年は純損失になったことでROEもマイナス計上しました。
近年は中央値よりも高い年もあっただけに残念です。

自己株式調整済み負債比率と内部留保

永続亭優位性を持つ企業は自己株式調整済み負債比率が0.8以下で内部留保は増加していく可能性がある


2019年に内部留保が減少したのは、21世紀フォックスを買収したことが要因と思われます。

長期借入金と短期借入金の推移

優良企業の稼ぎ出す純利益は3~4年ですべての長期借入金を返済できるようになっている

2020年の長期借入金が約50000で純損失が出ており、心配な状況です。

短期借入金は長期借入金を上回ってはいけない

一方で短期借入金はほとんどしていないので、返済に追われる状況にならなさそうです。

キャッシュフロー計算書

最後にキャッシュフロー計算書の項目を確認していきます。

純利益に占める資本的支出の割合と自社株買いの推移

2020年がマイナスになっている原因は、純損失計上になったためです。

永続的競争優位性を持つ企業は、純利益に占める資本的支出の割合が減少する傾向にあります。なぜなら競争にさらされえることで発生する、新たな資本投資をする必要がないからですね。

年間の割合が50%以下、なかでも25%以下ならさらに永続的競争優位性を持つ可能性は高くなります。

2019年まで50%前後と良いラインを守ってきています。

永続的競争優位性を持つ企業は、優れた収益性を活かして長期的に自社株買いを行う傾向にあります

毎年行われていた自社株買いは2018年でストップしました。
2019年は21世紀フォックスの買収で資金が必要だったこと、2020年はコロナショックが影響したと考えて良さそうです。

ディズニーの財務諸表分析まとめ

ディズニーの銘柄分析まとめ


①コロナショックで2020年の業績が悪化しているけれど、2011~2019年は永続的競争優位性を持つ要素が多く見られた。
②ミッキーマウスはじめ、今後も愛されるキャラクターを数多く保有することで他社との競争に勝ちやすい
③コロナショック後の業績改善しだいでは投資価値として魅力的な企業